うちなー民泊ラボ

「読谷、恩納村専用」 民泊運営代行オフィスopen !運営代行業者様 不動産業の皆様 業務提携、業務委託何でもご相談下さい♪

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

読谷村や恩納村で民泊を運営したいと思っているものの、何から始めればよいのかわからないという人におすすめしたいのが民泊運用代行オフィスです。このオフィスのスタッフは90パーセント以上が女性で、女性ならではのきめ細やかなサービスが受けられるというメリットがあります。特に忙しくて自分では管理できないという人に最適なサービスです。このオフィスに相談すれば民泊として運用した場合に期待できる収益プランがシミュレーションしてもらえたり、内装やインテリアデザインに関してもサポートしてもらうことが可能です。運営代行プランには2つのタイプが用意されています。初期費用ありの場合には、初期費用が10万円で運営代行費用が20パーセントです。初期費用なしの場合には初期費用が0円で、運営代行費用が25パーセントです。運営代行を委託するとリスティングの作成や集客サイトの運営、管理全般業務やハウスマニュアルの作成、写真撮影を行ってもらうことができます。また予約管理やゲストが滞在している時のサポート、ゲストのチェックインや荷物預かりにも対応してもらえます。インテリアデザインやセッティングはオプションになっており、既存ベースの場合には利用料金は10万円から30万円になります。新規立ち上げの場合には20万円から50万円で利用することが可能です。新規立ち上げでプランニングしてもらう場合には、ホストの意向や予算を尊重してもらうことができるため安心して任せることができるはずです。また値段は部屋の広さやコンセプトによって異なり、新たに家具や装飾品を設置する場合には別途コストがかかることになります。民泊を運営する際にはリネン交換や清掃を行うことが必須になりますが、これらに関しても相談に乗ってもらうことができるため頼りになります。このサービスに興味がある場合には電話で問い合わせられる他、問い合わせフォームを利用することもできます。
Tagged on: , うちなー民泊ラボ