ソードミュージック

作曲依頼は東京の「ソードミュージック」へ。制作9000円~。メジャーでも活躍するプロの作曲家講師が対応。結婚式やCM、音楽活動など用途に合わせてお客様のイメージに沿った素敵な曲に仕上げます。ジャンルを問わず制作を行っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

それが例えギターでもピアノでも、あるいはバイオリンでも構いません。一つでも楽器の練習を本格的に習った人なら、音楽の楽譜の構造が分かりますし、簡単な作曲などもできてしまいます。難しいのがシャープやフラットで半音を上げたり半音下げたりする規則の煩雑さではないでしょうか。楽器の一つも習った経験のある人たちであれば、簡単な作曲などがすぐにできてしまいますが、そうでない人達は、歌を口ずさみくらいで作曲をするしか手段がありません。たとえ会心の名曲ができたと思っても、それが口ずさんだけでは音楽にはなりません。何とかして作曲のまったくできない人たちでも作曲ができないのでしょうか。あるんです。そんな夢のような方法があります。作曲を代行してくれるサイトが存在するからです。例えばあなたが口ずさんだような歌でも、それをきちんと楽譜にしてくれます。その場合、ひとつだけ注意点があります。あなたのイメージした曲が、その通りに反映される保証はありません。そのために必要なのは、参考となる YouTube などの、あなたが求める楽曲です。作曲代行サイトでは、それらの YouTube の映像を参考にして、顧客が求める歌のイメージを考えます。コンピューターをつかって作曲するのも大きな特徴です。気になるのが作曲の代行をしてもらう時にかかる費用ではないでしょうか。それは作曲を依頼してから、曲が完成し、依頼主に納入するまでの納期にかかっています。納期が短いほど、当然ですが、価格が跳ね上がってきます。ざっくりとした話ですが、納期が短い作曲の場合には、一曲あたり作曲するのに5万円ほどかかります。納期に半年ほど余裕がある場合には、それがその六割程度に軽減されます。つまりわずか3万円ほどで自分の求める楽曲が作曲できるということになります。作曲家ができる人には当たり前のことでも、作曲が全くできない人たちにとっては、自分の口ずさんだ歌が楽譜になること自体が信じられないような事態です。
Tagged on: , 作曲依頼は東京の「ソードミュージック」へ|格安で作詞・作曲・編集