税理士法人わかば

町田や相模原で税理士をお探しなら【税理士法人わかば】 経営黒字化、新規開業、相続、贈与、外資系企業は税理士法人わかばにお任せください。東京、町田市、相模原市、横浜市、川崎市、大和市、八王子市をサポートしている会計事務所です。

税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人は一生の内に何回か税理士に相談することになるでしょう。たとえば、親が築き上げてきた財産を相続することがあります。その場合に相続税の問題が発生しますが、相続手続きに不備があると、税務署から指摘され面倒なことになるかもしれません。相続以外にも、贈与する場合にも税金の問題が発生することがあるでしょう。こちらは、2004年10月設立と25年を超える経験があります。経験があるからこそ、税務署がチェックすることを的確に捉えることができ、ミスなく手続きが進みます。また経験があるからこそ、万が一なんらかのトラブルが起きたとしても、すぐに修正をすることができます。専門家だとしてもはやり、知識や経験の差はあります。税理士事務所ならどこでもいいと考えるのではなく、この事務所なら安心できると言う所に相談した方がいいでしょう。法人組織と言うのが特徴で、法人組織はスタッフが多いので、約束通りにことが進みやすいです。税理士が一人の事務所に願いした場合、先生が体調不良になってしまうと、手続きが止まってしまう可能性もあります。法人は、新しい税理士が入所してきます。そのため、自分だけでなく自分の子供の代までお願いすることもできるでしょう。相談する先生をかえるとなると、ストレス感じてしまう人もいると思います。「今度お願いする先生はどんなことを考えているだろう」などと。自分達が大切にしていることを税理士に理解してもらうために、長い期間がかかるでしょう。こちらは、仕事を依頼する場合に見積もりをきちんと出してくれます。見積もりをだしてもらうと、安心して相談できると思います。当たり前のことを当たり前にしてくれます。見積もりは、作業量や難易度になどにより変えてもらえます。相続手続きは一律で例えば、100万円とするのではなく、相続財産が少なく場合低価格パッケージを用意しています。費用が安くなったとしても、もちろん申請は問題なく通ります。
Tagged on: , 町田や相模原で税理士をお探しなら【税理士法人わかば】