京生麩のお店 愛麩

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩のお店「愛麩」は、2017年12月20日、平安神宮境内にオープンした「京都・時代祭館十二十二(トニトニ)」内にある京生麩のテイクアウト店です。京都三大祭のひとつ、時代祭の催行日10月(十)22日(二十二)から名づけられたこの新しい文化商業施設の中でも、人気の店舗となっています。生麩は、懐石料理でも使われ有名ですが、小麦グルテンを茹でたもので、鎌倉時代末期からの精進料理の食材として肉食を禁じられた禅僧の貴重なタンパク源として用いられてきました。小麦グルテンは、小麦粉と水を混ぜ合わせ、でんぷんを分離させて残ったタンパクであり、食物性タンパク質で低カロリーですが、栄養価は高く消化吸収の良い食材です。京生麩は、このもちもちとした食感の中に上品な旨味と風味を味わうことのできる健康志向食材です。京生麩のお店「愛麩」ではこうした素材を活かし、さまざまなメニューを展開しています。看板メニューである“生麩bar”は、その名のとおり、生麩をバーに差したとても食べやすい形状のものです。味の種類はとても豊富にラインアップされており、田楽、磯辺焼き、ツナマヨなど、好みに合わせて選ぶことができます。さらにスイーツとしてのラインアップも用意されており、黒豆かのこ金箔や、抹茶きなこ、マロン、餡をトッピングしたものや、パンプキンチョコなど、デザートとしても十分に楽しめます。生麩bar以外にも、ちり麩を使ったソフトクリームやパフェから、甘酒やぜんざいなど、どれも魅力的。どれを選ぶか迷うこと必至です。ドリンクとのセットメニューも用意されていますので、好みの組み合わせを楽しむことができます。このようにお子様からご年配の方まで、幅広い方に京生麩のおいしさを体験いただけるのが、京生麩のお店「愛麩」です。京都・平安神宮にお出掛けの際は、「京都・時代祭館十二十二」内「愛麩」にて、手軽に京生麩のおいしさをお楽しみ下さい。
Tagged on: , 京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内