株式会社日本エウレカ

鮮度維持装置のDENBA+など世界初の空間静電波技術を搭載した、独自特許技術のDENBA(EUREKA) technologyで鮮度を保持し、ロス率軽減で美味しさそのままに保ちます。鮮度保持については日本エウレカへ。

食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

最近では低温熟成による味の向上を目的とした長期保存も盛んに行われるようになってきていますが、その様な熟成は適切な保存が可能な状況があって初めて行えるものであると言えるでしょう。家庭用レベルの冷蔵庫では鮮度の低下は避けられませんので、業務用の高度な技術が盛り込まれている鮮度維持装置が注目されています。 鮮度維持装置は様々な最新技術により食材を劣化させないことに成功しています。食材の長期保存は勿論、熟成を目的とした保存にも最適な環境を提供してくれます。単に細菌の繁殖を抑えるという機能だけではなく、食材の鮮度を保持するために必要な環境を整えてくれるという点が個の鮮度維持装置の持っている魅力であると言えます。
Tagged on: , 鮮度維持装置は株式会社日本エウレカ