七五三撮影 Aimer-フォトスタジオ エメ

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

七五三写真の撮影には、着物を着用して撮影されることをおすすめします。幼いお子様は皮膚に弾力があり、色白な傾向にあります。よって大体の服装に適されると思いますが、着物を着ると高級感が溢れて、お子様の品格が際立ちます。最近の着物はとても華美でカラフル、ゴージャスな印象があるのは特徴的です。女の子ならカラフルで花柄の物をおすすめしたいですが、可愛さがさらに強調されます。 男の子ならブラックカラーの着物をおすすめします。ブラックはその人やお子様の特徴や癖をしっかり出しますから、撮影する時はポイントです。また、小柄の和傘を持って頂くと更に可愛らしく写せます。「東京 aimerーフォトスタジオ エメー」の七五三写真撮影をぜひ、ご利用ください。
Tagged on: , 404 Error - Not Found