株式会社ソーケンアービック

機械の冷暖房ばかりに頼らず、自然の中にある太陽熱や地熱を利用して、住まい手の健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ一戸建て注文住宅を、千葉県我孫子市から千葉北西部や茨城南部を中心に発信しています。

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

注文住宅の良いところは、ゼロから理想の家を造ることができることです。家の間取りや外壁、内装、建築材など土台から造り上げていくことはお客様にとって長年住むのに快適な家になります。建築前のプレゼンテーションや打ち合わせも大切なことなのですが、アフターフォローも重要になります。これから先、20年、30年と長く住む家なので、何かあった時に相談できる会社があれば安心して過ごせるからです。 千葉での注文住宅をお考えならお任せください。プレゼンテーションや建築技術、アフターフォローに自信があります。サイトで掲載している多くの建築実績やお客様からの声を見てもらえれば分かっていただけると思います。 注文住宅に限らず、家は建ててしまえば終わりというわけではありません。しっかりとしたアフターフォローが大切です。
Tagged on: , 千葉・茨城県の注文住宅は 自然素材と外断熱の株式会社ソーケンアービック